婚活オジサンの婚活ブログとは?

婚活の技術

man_49はじめまして。婚活オジサンの森タカシです。

世の中の婚活アドバイザーの男性って、みんな小奇麗でかっこよくて、いかにもモテそうな人が多いと思いませんか?

そりゃ、おまえらだったらうまくいくだろうよ!」と声を大にして言いたい。

わたしははっきりいって、低年収・低身長・低学歴の、まったくイケてない汚いオジサンです。しかし、いろいろな改善をくりかえすことにより、素敵な女性と結婚することができました。

わたしのような、なんの取り柄もないオジサンだからこそ、伝えられることがある! と思ってこのブログを立ち上げた次第であります。

ぜひ、みなさまも、当ブログのテクニックを活用して、出会いに望んでみてください。

オススメネット婚活サービス

さて、それでは具体的なオススメデット婚活サービスの紹介です。

ネットでの婚活にもいろいろなかたちがありますね。インターネット型・Facebook 型・パーティー型などなど。

当サイトでは、それぞれの婚活において、もっともオススメできるサービスをリストにしました。参考にしてください。

ブライダルネット(インターネット型)

まずは、もっとも一般的なインターネット型から。手軽に始められるぶん、怪しい会員も多いのが特徴。入会にあるていどハードルをもうけている会社をオススメします。

なかでもオススメは、ブライダルネット。SNSタイプのサービスで、プロフィール検索や日記機能などもあるため、人となりがわかって安心できます。

料金は入会金無料・月額2500円なので、この手の婚活サイトとしてはリーズなるブルですし、カップル成立しなければ全額保証してくれます。

まずは匿名で、お試し交際をして、その後本名などが公開されて本格交際へ至るというシステムも安心できます。

インターネット型婚活サイトでは、もっとも婚活にたいして真面目な女性が多いのが特徴です。そのぶん、結婚にたいして構えてしまっている女性が多いのですが、そこもある意味で魅力であると考えます。

ブライダルネット

ペアーズ(pairs)(Facebook型)

インターネット型とも近いですが、Facebook を利用した婚活サイトのペアーズもオススメ。Facebook を利用した婚活サイトはたくさんありますが、ペアーズがもっとも会員数が多いですね。

Facebook を利用しているとはいっても、タイムラインにでちゃったり友達にバレる心配はありません。匿名で利用可能です。

pairs【ペアーズ】

PARTY☆PARTY(パーティー型)

婚活パーティー型婚活サービスはたくさんありますが、規模が大きくて安心してオススメできるのはPARTY☆PARTYですね。

価格は比較的リーズナブルですし、少人数制のパーティーも多いのでじっくりと男性を見極めることができます。女性の条件は非常に細かく設定されているので、「こういう女性じゃないとダメ」などのこだわりがある男性にはとくにオススメします。

PARTY☆PARTY

中高年だって恋愛したい!50代からの婚活のポイント

婚活の技術

中高年だからって婚活をあきらめていませんか?

いま、日本の社会は古き良き村社会から大きく変わり、核家族化、少子高齢化が進んで、家族の在り方も、結婚の考え方も大きく変化しています。

なかでもここ20年来離婚するカップルが増え、さまざまな理由で母子世帯、父子世帯となることも増えてきていて、それにともなって中高年での初婚や再婚、再再婚も大幅に増加しています。

「離婚してから頑張って子供を育ててきたけれど、子供が自立したことで自分の将来を改めて考えたい」と思う人もいれば、「このままでは独居老人になってしまう!」と深刻な不安を抱えている人もいて、中高年で婚活をする人の理由はさまざまです。

しかし、一人で生活をするよりは誰かパートナーが側にいてくれれば安心ですし、幸せになれるってことは間違いがありません!

本気でパートナーが欲しい中高年のための婚活の方法や、婚活を成就させるポイントなどについて、詳しくご紹介していきます。

中高年で婚活をするなら結婚相談所がおススメ!

昔の考えで言えば、「結婚」とは家や財産を守り、子孫を残すためのもの。

結婚適齢期を過ぎ、女性が閉経を迎えるような中高年になると、「結婚する必要ってあるの?」と思われがちですが、とんでもない!

結婚は、愛する人と一緒に幸せに生活をするためのものですよ。

確かに中高年の婚活には、

  • 年齢の壁
  • 再婚の壁
  • 子供の壁
  • 周りの家族の壁
  • 財産の壁
  • 体調面の壁

など、さまざまな厚~い壁が次々に立ちふさがっているものですが、愛する人を求める気持ちや、自分自身の幸せを願う気持ちは決して間違いではありません。

もしあなたがこういった壁に突き当たっているのであれば、ぜひこの壁を一緒に打ち壊す相手を見つけに、婚活に取り組みましょう。

中高年の婚活は年齢が高くなればなるほど厳しくなるのが実情ではありますが、50代、60代にもあれば死別でもともとのパートナーを失った人も多く、新たなパートナーを求める人も多く、チャンスも多いです。

中高年の婚活は無理をせず、同年代の幅で見つけるのが一番スムーズに進むので、やっぱり便利なのは結婚相談所ですね。

中高年になると結婚観や人生観もしっかりしていて、遊び半分の若い年代と違って、真面目な気持ちで婚活をしている人が意外とたくさん登録しています。

婚活サイトという手もありますが、中高年はネットの安全性に不安を持つ人も多いですし、ネットに慣れておらず知識が不足していることで、怪しいサクラや悪質な業者の被害にあるケースも多いです。

結婚相談所であれば身元の確認もしっかりしていますので、中高年になって婚活を考えたら、自分も前向きに恋愛姿勢になって、積極的に出会いの場に出かけていきましょう。

中高年の婚活で成功するためのポイントは?

中高年の婚活で一番大事なのは、「こんな自分にパートナーが見つかるのか…?」という不安を持つことです。

不安は顔や表情に出て、出会った異性に対して後ろ向きな姿勢を見せてしまいがちですし、必要以上に焦ってガツガツとお付き合いを推し進めてしまって、相手から引かれてしまいがちです。

いいですが?あなたがもし50代でも、60代でも、体力が落ちていようとも、定年を迎えて第二の職場に腰を掛けていても、その年齢で積極的に恋愛をしようとするバイタリティって、周りから見ればすごいことなんです。

今の50代、60代、いいえ70代だって、昔のおじいちゃん・おばあちゃんとは全然違います!

年齢を必要以上に意識して引け目を感じる必要はありませんから、堂々とお見合いパーティーなどにも参加してみてくださいね。

中高年の婚活を成功させるためには、見た目の印象を良くすることが大事です。

さすがに中高年の婚活になると、「イケメンじゃなきゃ嫌だ」いう人はいないのですが、やはり恋愛をするのであれば、メイクやファッションに気を配ることは大事です。

基本的には、

  • 清潔な服装
  • 年齢にあった、無理のない服装
  • 必要以上に老け込んでいない、明るめの色の服装
  • 香水や整髪料のつけすぎはしない

などのルールを守っていれば、相手に悪い印象は与えません。

直接相手と会ったときに服装が残念だと、相手からは「生活のために結婚をしたいのではないか」とあら疑いをかけられてしまいます。

こういった誤解を避けて成功率をあげるためにも、高価なブランド物である必要はありませんが、男性はきちんとお手入れされたちょっと気取った服を、女性は女らしさを重視した服を身に着けるように心がけて下さいね。

中高年であっても、婚活のゴールインは結婚です。

気になる異性としばらくお付き合いができるようになったら、それをうまくゴールインにつなげていくためには、焦らないことが大事です。中高年の男性は、人生経験の豊かさから話が説教臭くなってしまったり、自慢話が多くなってしまう傾向がありますが、これでは女性はリラックスしてあなたの良い面を理解することができません。

自分をアピールするよりも、女性に話をドンドンさせて、相手の心を「話があって、長く一緒に居たい人」であると思わせるように働きかけていきましょう。

婚活を成功するためにわきまえておきたい食事のマナー10コ

婚活の技術

身近な場所で良縁に恵まれず、結婚相談所やネットで婚活をする場合、男性も女性もどうしても自分の見た目を整えることを重視しがちです。

相手から気に入られるような髪型、清潔な印象を与える服装など、いろいろ気にかけてしまうものですが、将来のパートナーと顔を合わせるお見合いやパーティーのときに、外見を整える以上に大事なことがあるってご存知でしたか?

それは、食事のマナーです。

婚活の第一段階ともいえるプロフィールが一致して、「じゃあ、一緒に食事でも」と二人の仲が進展したら、必ずといってもいいほど一緒にお茶を飲んだり、食事をする機会があります。

その時に食事のマナーが悪いと、一気に相手に幻滅されて、「今回は、御縁がなかったことに…」という結果になりかねません。

どんなに会話が弾んでも、食事のマナーだけで相手に幻滅されるのでは、婚活で成功することも難しくなってしまいます。

「婚活するぞ!」と決心したら、相手に好かれる食事のマナーをしっかり身に着ける努力をしていきましょう。

知っておきたい!相手に好かれる食事のマナー10コ

食事のマナーというと、「ナイフやフォークは外側からとる」なんて難しいことを考えてしまいがちですね。

そういった難しいマナーも身に着けておくことに越したことはないのですが、婚活の場では「正しい」食事のマナーまで必要というワケではありません。

婚活の場での相手との食事は、あくまでも自分の良いトコロを相手に知ってもらい、お互いの相性を確かめる機会です。

相手に嫌な思いをさせない、自分も楽しめるということが第一ですので、堅苦しいマナーに頭を悩ませるよりは、「相手に嫌われない」ことに重点を置きましょう。

婚活を成功させるために、最低限守りたい食事のマナーを10コご紹介しますので、自分の普段の食事のときの態度を振り返ってみてくださいね。

  1. 音を食べて食べない…くちゃくちゃと食べ物を音を立てることも、カチャカチャと食器の音を立てるのも、百年の恋が冷めるマナー違反です
  2. 犬食いをしない…お椀や食器などを手に持たないで食べると、周りを汚しやすいですし、横柄な悪印象を与えます
  3. 口に食べ物を入れて話をしない…楽しいからと言って食べることとしゃべることを一緒にやろうと欲張ると、かなり育ちが悪く見えてしまいます
  4. 姿勢は伸ばす…猫背になって物を食べていると、卑屈な印象を与えてしまいますし、会話も弾みません
  5. テーブルに肘をつかない…食事中に肘をついていると、砕けた雰囲気にはなりますが、お見合い段階の婚活では、だらしない印象しか与えません
  6. 食事中にスマホをいじらない…食事中にスマホをテーブルに出しておくことは、「楽しくない」という意思表示として取られる、大変失礼な行為です
  7. お箸はキチンと持つ…お箸の持ち方があまりにも悪いと、「しつけの悪い家庭で育った」と思われて、結婚相手としては選んでもらえなくなります
  8. 食事のスピードは相手に合わせる…相手よりも早く食べ終わってしまうことは、「気配りのない、自分勝手な人」というマイナスポイントになります
  9. 食事中に髪の毛をさわる…食事中に髪型を気にしたり、ひっきりなしに髪をかき上げていると、「衛生意識の低い、汚い人」というレッテルを貼られてしまいます
  10. 時計を気にする…食事中に何度も時計をみていると、「帰りたいんだな」と思われて、次に誘われることがなくなってしまいます

食事のマナーとともに、何より相手に良い印象を与えるのは、あなたの笑顔です。相手から「この人との食事は楽しいな、また会いたいな」と思ってもらえるように、食事中は常に笑顔と楽しい会話を心がけましょう。

食事のマナーであなたの良い面をアピールしましょう

現代ではそれほど食事のマナーをうるさく言う傾向はありませんが、ある結婚相談所のアンケート調査によると、「相手の食事のマナーに幻滅して、交際を断ったことがある」と答えた人の割合は、

  • 男性 … 約44%
  • 女性 … 約70%

と、意外と高いという結果が出ています。

私達人間にとって食事とは、ただ単に栄養を摂取して飢えを満たすものではなく、美味しいものを食べて幸せになったり、楽しく会話をしながら楽しむものです。

婚活が進んで夫婦になれは、1日3食一緒に食卓を囲むわけですから、「相手のマナーに我慢がならない!」なんてことにならないよう、真面目に婚活をしている人は、相手を厳しくチェックしているんですね。

食事は毎日繰り返されることですから、一度悪い習慣がついてしまうと簡単にクセになってしまい、気をつけているつもりでも、ふとした拍子に失敗をしてしまいがちです。

婚活の場だけで気を付けるのではなくて、食事のマナーは日頃から心がけて、良い習慣を身に着ける努力をして自分を磨きましょう。

家族となり、長い生涯を共にするパートナーを探す婚活の場では、第一印象の見た目よりも重視されるのが心や内面の美しさです。

相手に良い印象を与えるマナーと笑顔を心がけて、おいしい食事と楽しい会話で婚活を成功させましょう。

年収が低くても結婚はできる!低収入男が婚活に成功するコツ

婚活の技術

money_toushi_seikou年収が低いと婚活に勝てない」なんてことはありません

お嫁さんが欲しい、一人は淋しいと考えた周りを見渡したときに上手にパートナーを見つけることができない場合には、結婚相談所を頼るのが婚活の早道です。

ただし、これできっと結婚ができるはずと考えて結婚相談所に登録する時に、「うっ…!年収欄がある!」とビクビクしてしまう男性は多いはず。

一般的に結婚を意識して結婚相談所に登録をする女性は、ゴールイン後の結婚生活や将来的な子供の養育費用を考えて、男性側の年収に厳しいチェックを入れています。

「もしかしたら、俺の年収じゃ婚活相手に引っかからないかも!?」なんてビビる必要はありません。

今回は婚活の男性の年収の関係について解説しながら、低収入の男性でも結婚相談所で婚活を成功させる秘訣を、こっそり教えていきましょう。

婚活する女性の求める男性側の年収はどれぐらい?

ハッキリ言わせていただきます。

男性の年収は高ければ高いほど、結婚相談所では女性側から多くのアプローチが受けられて、年収が低いほどアプローチは少ない、これは間違いありません。

仕事の内容にかかわらず、一般的な男性の年収は次のとおりです。

  • 20代 ⇒ 約370万円
  • 30代 ⇒ 約490万円
  • 40代 ⇒ 約620万円
  • 50代 ⇒ 約740万円

自分と比べてみてホッとする人も、ガッカリしてしまう人もいるかと思いますが、年収が周りの男性会員と比べて低いことを理由に、婚活をあきらめる必要はありません。

婚活女性が求める男性側の収入は、むやみに高いものではなく、「自分よりも下の年収はちょっと…」ということの方が多いです。

職業にもよりますが、結婚を意識する30代の女性の年収は一般的に200~300万程度なので、年収が低い男性でも充分に婚活チャンスはあります。

あきらめずに、婚活で成功する方法を考えていきましょう。

年収が低い男が婚活で成功するポイント

どれだけ「男は年収じゃないさ、ハートさ!」なんて強がってみても、数字として比較がしやすいぶん、婚活の場では年収が大きな影響を与えてしまいます。

とにかく自分のハートを評価してもらいたいのであれば、まず自分をアピールできる場に積極的に出かけていくことが大事!

結婚相談所のパーティやイベントには積極的に参加して、自分の外見や人柄をアピールしていきましょう。

年収が少ない男性でも、

  • 順調に昇給できる会社に勤めている
  • 居間より有利な職場に転職する予定がある
  • 自分名義の家があり、家賃はかからない
  • 共働きでも妻をフォローできるように、家事を勉強している

などなど、書面のプロフィールでは負けても、直接女性にあえば年収以上の自分の魅力をアピールする余地は十分にあります。

あわせて、自分の今の年収を下げない努力も大事ですね。

仕事に打ち込む姿も女性をグッとさせるアピールポイントですので、自分の基盤をしっかり守りながら、理想の妻を見つける努力を続けましょう。

中高年男性必見!オジサンだからこそできる、恋愛テクニックとは?

婚活の技術

tehepero3_man婚活やお見合いパーティーが盛んに行われる昨今、思った以上に中高年男性の参加が多いのをご存知ですか?

だからこそ、「もう自分はオジサンだから」と、あなたが無意識に恋愛をすることを諦めているのだとしたら、それはとても勿体無いことだといえるでしょう。

そして出会いの場があったとしても、その関係が長く続かなければ意味がありません。

では、相手に好印象を持ってもらえるにはどうすればいいか。

清潔感のある髪型や服装を心がけるといった基本的な事をこなした上で、ここはひとつ、自分が「オジサン」であることを逆に利用しましょう。
つまり、年を重ねた男性しか持てない、大人の余裕や心の広さを、相手に見せるのです。

女性の多くは常々、自分の話を聞いて欲しい、共感してほしいと思っているといいます。

だからあなたは、そんな女性の聞き役に徹し、その女性が話しやすい環境を作っていけばいいのです。

そうすることで、女性に「この人に、もっと話を聞いてもらいたいな」と思ってもらえたらしめたもの。

次のデートの約束をこぎつけるのも、それほど難しくないでしょう。

初対面から積極的な自己アピールをしなくてもいいため、口下手なオジサンにも実践しやすいこの方法、是非試してみてはいかがでしょうか。

意外な需要!実は中高年のメル友募集の利用者が多かった

婚活の技術

computer_mail今の出会い系サイトでの会員の中で実に中高年の方の利用が多く見られます。実際に利用していると、メル友募集に書き込むと40代や50代の方も多くいらっしゃいます。これだけ中高年の方にも出会い系サイトは浸透しているんだなと分かりますね。もう一つ挙げられるのが、出会い系サイトの全盛期を20代30代で過ごされた方がそのまま利用者として残っていることや、使いやすいコンテンツとなっているのも理由に挙げられますね。

中高年でメル友を募集するのはおかしい?

そんなことはありません。10代や20代のように暇さえあれば友達同士で集まって他愛のない話で楽しい時間を過ごせていた頃や、人によっては簡単な出会いを見つけ、恋人が途切れることが無かった男女も少なくない頃が終わり、家庭を持ち、ある日気がついたら子供は手を離れ異性との出会いにも極端になくなっていく…そんなのさみしいですよね。

「休日なのに会う相手もいないな…。」なんてなってしまった中高年の方こそ、メル友のような気軽な友達の存在は必要なのではないかと思います。私も実際にメールを40代の方としていて、為になる話から馬鹿話までしました。結構世間話の内容が勉強になったりするんですね。だから中高年の方は、出会い系サイトに怯まずにどんどん使って欲しいです。

出会いのリハビリにもなるメル友!

出会いが中高年にとって必要でいいものなのだと理解ができても、しばらく出会いとは無縁で異性との出会いで傷つくのが怖いと感じる人も多いのではないでしょうか?

私自身はそういった人こそが出会い系サイトでメール友達というジャンルからまた異性との会話を楽しむのもリハビリになる、人との出会いの楽しさを思い出せるのではと思います。実際に会わなくてもいいのがメール友達の醍醐味なんです。ゆっくり考えながら文章を綴るのもいいものだと思います。目的がどうであれ、一生懸命に目標立てて何かをするのは楽しいんです。出会い系サイトは若い人だけのものではありません。人との関わりも持ち続けるリハビリ感覚で使ってもいいでしょう。

出会いにおける中高年の需要と供給!

この記事を読んで下さった方でリアルに中高年の方の中には、「実際に出会い系サイトで中高年が出会えるものなの?」と疑いを持たれる方もいるのではないでしょうか。

しかし、女性だって出会い系サイト内で何人かの中高年の男性と話をしたり、今度はスタバに行ってみたい!なんて話もしています。全然行きたいって思います。普段の生活では出会うこともない年代の方だったりすると尚更です。安全性の高い、優良の出会い系サイトなら、沢山の中高年の人が出会いを見つけて楽しんでいます。私の様な30代や20代の若い世代では無くても、女性会員は年上の方も多くいらっしゃいます。同年代の友達を見つけるチャンスでもありますよね。

今では中高年専用のカテゴリを設けている出会い系サイトも多く、これからの団塊の世代の方でも多くの出会いのチャンスがあると思います。それだけ今の中高年のニーズも高いことがわかりますね。

同じ世代ならずとも、年の離れた相手が中高年を望むというパターンも実際多いです。是非、出会い系サイトのメル友募集なども出会いの形の一つとして選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。出会い系サイトの中の可能性は広く、意外といい出会いに導かれるかもしれませんよ。

婚活のトラブルを防ぐためには、男性の振る舞い方が重要です!

婚活の技術

konkatsu_party_omiai婚活で出会う女性は、結婚に前向きであることはまちがいありません。そのために活動をしているのです。

男性側ももちろん結婚を考えているからこそ婚活をするのですが、女性には「子どもを産む」ためのリミットになる年齢があるため、真剣度は男性に比べてかなり高いです。

だからこそ婚活で出会った女性とうまくいかなかった場合に、トラブルになることがあるのです。トラブルを回避するためには、婚活においては男性側が振る舞いに気をつける必要があります。

気が向かないなら、付き合いを長引かせない

メッセージをやり取りして楽しかったので実際に会ってみると、思っていたのとイメージが違った……ということがありますね。

ここで「断るのは悪い気がする」と考えていて、なんとなくフェードアウトしようとすると、トラブルの種になります。

さきほど書いたように、女性はとても真剣です。会った時点であなたは女性側のなんらかの審査に合格していて、結婚相手の候補として見られています。そこで「次にいつ会える?」など聞いてくる女性が多いのですが、この時に「またいつか」など言葉を濁しているようでは、相手をイライラさせてしまいます。あなたがきちんと断らないうちは、女性から執着されてしまうこともあります。
そうなると泥沼になり、明るく婚活を進めることができなくなります。もし会ってみてピンとこなかった場合には、はっきりと断ることが必要です。

やり取りを長引かせたり、数回会った後に明確な理由がなく断ったりすると女性から恨みを買うことがあるので注意しましょう。

デリカシーのない発言は控える

婚活をしている女性は、自分の年齢や容姿を気にしてナーバスになっていることが多いです。長く婚活をしている人はなおさら、「婚活うつ」に陥っている場合もあります。

だから、普段なら大丈夫な発言やメッセージに対して「デリカシーがない」「セクハラだ!」と過敏に反応されてしまうことがあります。こちらは悪気はなくても女性側がひねくれて受け取ってしまうことで、相手を傷つけてしまう事態に陥りかねないということです。

だから婚活をしている女性には、年齢の話・女性の見た目の話はしない方が無難だと言えるでしょう。そういう話はもっと関係が進んで、真剣な付き合いをするようになってからでも遅くはありません。まだ関係が安定していない時や、相手のキャラクターを見極めていない時には、話題選びに注意が必要だということです。

婚活でトラブルにならないために、この2点に気をつけてみてください。

細マッチチョでワンランクUP!筋肉を意識すると女性からの視線も変わる

婚活の技術

背中のラインで男らしさを演出

細マッチョは今や女性の中でもチェックすべき項目の一つ。ムキムキの筋肉ではなく、スーツの上から想像できる男らしいボディラインに憧れを持っている女性は多いものです。線が細い男性を好む女性も多いですが、それ以上に細マッチョは男らしさが感じられると人気があります。

この細マッチョになるためには、普段の生活をちょっと変えるだけで適度な筋肉をつけることは十分可能です。自宅で腕立て伏せや腹筋など、地味な運動ですが、続けると適度な筋肉がついて見た目も大きく変わってきます。見え方が変わるとなれば取り入れて細マッチョを目指してみたいと思いませんか。

触れたくなるような筋肉を目指す

女性は筋肉が少ない分、男性に対して筋肉へのあこがれを抱いています。チェックする場所は、腕や肩幅、胸板の厚さや腰回りなどさまざま。男性は女性からいろいろなパーツを見られている意識を持つことが重要です。女性にはない筋肉は触れてみたいと思うもの。背中から感じる男らしさや、たくましい腕など、女性から「触ってみてもいいですか」と話題になることも少なくありません。

身だしなみやマナーなど努力しても報われないケースは多々ある男性の皆さんにとって、女性から声をかけてもらえ、スキンシップを取れる絶好のチャンスです。適度な筋肉をつけることを目標に、毎日の生活に少しずつ筋トレの要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

腕や足のムダ毛の処理も忘れずに

筋肉がついてくると、女性の見方も変わってくるものです。でも、少しでも手入れをしていないムダ毛があると、一気に女性は惹いてしまいチャンスを逃してしまうことにもつながります。筋肉をつけるのと同時に、見える部分はムダ毛の処理をして清潔感を持ってもらうように心が得ることが重要です。ムダ毛の処理は脱毛だけとは限りません。脱毛を嫌う女性もいるので、女性に不快感を与えない状態であればOK。少しずつ女性の反応を見ながら、脱毛がいいのか、それとも少し手入れをする程度でいいのかを見極める必要があります。腕や足はもちろん、首周りや肩なども産毛が生えている場合もあるので、気を抜かずにチェックしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか。男性には筋肉という大きな武器があります。それを生かすも殺すもあなた次第。女性は、男性の筋肉に弱いという性質があるので、それを利用して、アピールポイントとして体を整えてみてはいかがでしょうか。ハリのある腕や肩を見て、話してみたいと思う女性が現れるかも知れません。早速今日からチャレンジしてみましょう。

やってはいけない3つのNG話題を回避せよ

婚活の技術

友達や仕事などの自慢

あなたは女性に仕事の話をしていませんか。仕事が成功した時は特に話したいものですが、細かな内容まで話し、実は女性を飽きさせてしまっているのです。自分の仕事を理解してもらうということに時間を割くより、お互いのことを知るための話をしたほうがお信頼関係につながるのです。

そこで、まず始めに注意して欲しいのが、何かの自慢を話すということです。それは友達と遊びに言ったことや、友達と飲みに行ったという身近なことでも女性にとってはあまり興味が沸かず、自慢していると取られてしまうことも。それは十分な信頼関係が築けていないからなのです。仕事の話も同じです。自分のことを理解してもらおうと思うよりは、まずは女性のことを知りたいという気持ちを伝え、少しずつ相手を知っていくことに焦点をあてることをおすすめします。

マザコンを連想させる母親の話題

婚活をする人たちは、結婚という共通の目標がありますが、合う回数が少ない段階では結婚をイメージさせる話題は逆効果になってしまいます。特に両親にまつわる話や、お母さんとのエピソードは、まだあなたのことを十分知らない女性は知りたくない情報の一つ。

母親と食事に行ったことや、電話がかかってきてうるさかった。というちょっとしたことでさえ、そんなに連絡を取り合っているだとマイナスに受け取ってしまう女性も多いものです。せっかくのチャンスが何気ない会話でも一線を置かれてしまうことも。出会って間もない頃や、お互いの気持ちが確認できるまでは家族の話は控えた方が懸命です。

リアル過ぎる結婚観

結婚という共通のキーワードに少しずつ近づいてきたら、少しずつどんな家庭を築いていきたいかという会話も増えてきます。お互いに理想の家庭像を話し、心がウキウキするかもしれません。

しかし、その内容が細かければ細かいほど現実的過ぎて女性は惹いてしまうのです。「仕事は辞めて家庭に入ってもらいたい」という相手の価値観を無視した理想や、「子どもは男の子と女の子が二人欲しい」など、女性の出産率が低下していることを無視した希望などは、「この人何も考えていない!」と思わせるきっかけにもなってしまいます。理想はあって当然ですが、相手の反応を見ながら少しずつ話しあったり、相手の希望にも耳を傾けるのがポイントです。時には理想と現実が大きく違う場面にも遭遇するかもしれませんが、妥協できる点も考えておくことも重要なポイントです。

まとめ

いかがでしたか。男性の中でやってしまいがちな話題をご紹介しました。心当たりがある人は、これから改善すれば可能性も広がるので、話したいことを変換して伝える工夫もしてみてくださいね。

次につながるデート術

婚活の技術

女性との出会いを求めて出会い系サイトを利用し、知り合った女性とのデートにこぎつけたとします。せっかくのチャンスですから、次につながるきっかけが作れるように、相手の女性に好感を持ってもらえるようなデートを演出してみませんか?

好印象は見た目だけではないので要注意!

デートは会う前から始まっています。待ち合わせ場所を決めたり、当日のデートプランを考えたり……もちろん、服装だって好印象を持ってもらえるようなものを選ぶようにしなければなりません。

ここで重要なのは、待ち合わせ場所のチョイスです。デートの待ち合わせをする際には、相手の女性が“危険”だと感じないような場所を選ばなくてはなりません。ここでポイントになるのが、『女性が負担にならないような場所を選ぶ』という事と、『女性が分かりやすいような場所を選ぶ』という事です。

初対面の場合はお互いに不安もあるでしょうから、移動距離に負担がかからず、周りに人がいるような、女性が安心感を持てるような場所を選ぶようにしましょう。そうすることによって、デートの前段階から、気遣いのできる男性を演出する事ができますし、相手の女性の不安も和らげることで好印象を与えることができます。

デート本番では最大限のおもてなしを

出会い系サイトで知り合った女性とのデート本番。待ち合わせ場所には、15分前には着くようにしましょう。待ち合わせというのは、デートの一番はじめに好印象を与えることのできるチャンスで、ここで待ち合わせに遅れたりするようだと信頼を失ってしまい、次につながるような事はなくなってしまいます。ですから、最初が肝心ですので、早めに待ち合わせ場所に着き、相手を見つけた時は笑顔で対応すると好印象を与える事ができます。

お相手の女性と合流したらいよいよデート本番です。当然の事ながら、ノープランのデートはおススメできません。女性の多くは、男性にリードしてもらいたいと思っているものです。ある程度の流れを決めておかないと、不測の事態が起きた時に、臨機応変に対応することができなくなってしまうため、食事をするお店や、映画に行くような場合には、あらかじめ予約をしておくようにするといいでしょう。また、普段よりもちょっと特別感が感じられ、相手が喜んでくれそうな場所に連れて行ってあげるといいかもしれませんね。

デートの最中は、相手に対しての気遣いは忘れないようにしなければいけません。自分本位な会話や行動は、相手の女性を幻滅させてしまいます。会話についても、自慢話や、無理に面白い話をしようとするのではなく、相手の話を聞きつつ、適度に受け答えをするだけで悪い印象を与える事はありません。他にも、並んで歩く時は女性に合わせて歩くことや、食事の際も女性のペースに合わせてあげることで、さりげない気遣いをしてくれているなと好印象をもってもらえるでしょう。

デートの後も気を抜かない!

デートの別れ際にはきちんとお礼の言葉をいう事を忘れないようにしましょう。また、帰宅してからもデートのお礼のメールをすることで、相手の女性は自分の事を気にかけてくれているんだと安心するでしょうし、嬉しく思うものです。

ページの先頭へ