中高年男性必見!オジサンだからこそできる、恋愛テクニックとは?

婚活やお見合いパーティーが盛んに行われる昨今、思った以上に中高年男性の参加が多いのをご存知ですか?

だからこそ、「もう自分はオジサンだから」と、あなたが無意識に恋愛をすることを諦めているのだとしたら、それはとても勿体無いことだといえるでしょう。

そして出会いの場があったとしても、その関係が長く続かなければ意味がありません。

では、相手に好印象を持ってもらえるにはどうすればいいか。

清潔感のある髪型や服装を心がけるといった基本的な事をこなした上で、ここはひとつ、自分が「オジサン」であることを逆に利用しましょう。
つまり、年を重ねた男性しか持てない、大人の余裕や心の広さを、相手に見せるのです。

女性の多くは常々、自分の話を聞いて欲しい、共感してほしいと思っているといいます。

だからあなたは、そんな女性の聞き役に徹し、その女性が話しやすい環境を作っていけばいいのです。

そうすることで、女性に「この人に、もっと話を聞いてもらいたいな」と思ってもらえたらしめたもの。

次のデートの約束をこぎつけるのも、それほど難しくないでしょう。

初対面から積極的な自己アピールをしなくてもいいため、口下手なオジサンにも実践しやすいこの方法、是非試してみてはいかがでしょうか。

意外な需要!実は中高年のメル友募集の利用者が多かった

今の出会い系サイトでの会員の中で実に中高年の方の利用が多く見られます。実際に利用していると、メル友募集に書き込むと40代や50代の方も多くいらっしゃいます。これだけ中高年の方にも出会い系サイトは浸透しているんだなと分かりますね。もう一つ挙げられるのが、出会い系サイトの全盛期を20代30代で過ごされた方がそのまま利用者として残っていることや、使いやすいコンテンツとなっているのも理由に挙げられますね。

中高年でメル友を募集するのはおかしい?

そんなことはありません。10代や20代のように暇さえあれば友達同士で集まって他愛のない話で楽しい時間を過ごせていた頃や、人によっては簡単な出会いを見つけ、恋人が途切れることが無かった男女も少なくない頃が終わり、家庭を持ち、ある日気がついたら子供は手を離れ異性との出会いにも極端になくなっていく…そんなのさみしいですよね。

「休日なのに会う相手もいないな…。」なんてなってしまった中高年の方こそ、メル友のような気軽な友達の存在は必要なのではないかと思います。私も実際にメールを40代の方としていて、為になる話から馬鹿話までしました。結構世間話の内容が勉強になったりするんですね。だから中高年の方は、出会い系サイトに怯まずにどんどん使って欲しいです。

出会いのリハビリにもなるメル友!

出会いが中高年にとって必要でいいものなのだと理解ができても、しばらく出会いとは無縁で異性との出会いで傷つくのが怖いと感じる人も多いのではないでしょうか?

私自身はそういった人こそが出会い系サイトでメール友達というジャンルからまた異性との会話を楽しむのもリハビリになる、人との出会いの楽しさを思い出せるのではと思います。実際に会わなくてもいいのがメール友達の醍醐味なんです。ゆっくり考えながら文章を綴るのもいいものだと思います。目的がどうであれ、一生懸命に目標立てて何かをするのは楽しいんです。出会い系サイトは若い人だけのものではありません。人との関わりも持ち続けるリハビリ感覚で使ってもいいでしょう。

出会いにおける中高年の需要と供給!

この記事を読んで下さった方でリアルに中高年の方の中には、「実際に出会い系サイトで中高年が出会えるものなの?」と疑いを持たれる方もいるのではないでしょうか。

しかし、女性だって出会い系サイト内で何人かの中高年の男性と話をしたり、今度はスタバに行ってみたい!なんて話もしています。全然行きたいって思います。普段の生活では出会うこともない年代の方だったりすると尚更です。安全性の高い、優良の出会い系サイトなら、沢山の中高年の人が出会いを見つけて楽しんでいます。私の様な30代や20代の若い世代では無くても、女性会員は年上の方も多くいらっしゃいます。同年代の友達を見つけるチャンスでもありますよね。

今では中高年専用のカテゴリを設けている出会い系サイトも多く、これからの団塊の世代の方でも多くの出会いのチャンスがあると思います。それだけ今の中高年のニーズも高いことがわかりますね。

同じ世代ならずとも、年の離れた相手が中高年を望むというパターンも実際多いです。是非、出会い系サイトのメル友募集なども出会いの形の一つとして選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。出会い系サイトの中の可能性は広く、意外といい出会いに導かれるかもしれませんよ。

婚活のトラブルを防ぐためには、男性の振る舞い方が重要です!

婚活で出会う女性は、結婚に前向きであることはまちがいありません。そのために活動をしているのです。

男性側ももちろん結婚を考えているからこそ婚活をするのですが、女性には「子どもを産む」ためのリミットになる年齢があるため、真剣度は男性に比べてかなり高いです。

だからこそ婚活で出会った女性とうまくいかなかった場合に、トラブルになることがあるのです。トラブルを回避するためには、婚活においては男性側が振る舞いに気をつける必要があります。

気が向かないなら、付き合いを長引かせない

メッセージをやり取りして楽しかったので実際に会ってみると、思っていたのとイメージが違った……ということがありますね。

ここで「断るのは悪い気がする」と考えていて、なんとなくフェードアウトしようとすると、トラブルの種になります。

さきほど書いたように、女性はとても真剣です。会った時点であなたは女性側のなんらかの審査に合格していて、結婚相手の候補として見られています。そこで「次にいつ会える?」など聞いてくる女性が多いのですが、この時に「またいつか」など言葉を濁しているようでは、相手をイライラさせてしまいます。あなたがきちんと断らないうちは、女性から執着されてしまうこともあります。
そうなると泥沼になり、明るく婚活を進めることができなくなります。もし会ってみてピンとこなかった場合には、はっきりと断ることが必要です。

やり取りを長引かせたり、数回会った後に明確な理由がなく断ったりすると女性から恨みを買うことがあるので注意しましょう。

デリカシーのない発言は控える

婚活をしている女性は、自分の年齢や容姿を気にしてナーバスになっていることが多いです。長く婚活をしている人はなおさら、「婚活うつ」に陥っている場合もあります。

だから、普段なら大丈夫な発言やメッセージに対して「デリカシーがない」「セクハラだ!」と過敏に反応されてしまうことがあります。こちらは悪気はなくても女性側がひねくれて受け取ってしまうことで、相手を傷つけてしまう事態に陥りかねないということです。

だから婚活をしている女性には、年齢の話・女性の見た目の話はしない方が無難だと言えるでしょう。そういう話はもっと関係が進んで、真剣な付き合いをするようになってからでも遅くはありません。まだ関係が安定していない時や、相手のキャラクターを見極めていない時には、話題選びに注意が必要だということです。

婚活でトラブルにならないために、この2点に気をつけてみてください。

細マッチチョでワンランクUP!筋肉を意識すると女性からの視線も変わる

背中のラインで男らしさを演出

細マッチョは今や女性の中でもチェックすべき項目の一つ。ムキムキの筋肉ではなく、スーツの上から想像できる男らしいボディラインに憧れを持っている女性は多いものです。線が細い男性を好む女性も多いですが、それ以上に細マッチョは男らしさが感じられると人気があります。

この細マッチョになるためには、普段の生活をちょっと変えるだけで適度な筋肉をつけることは十分可能です。自宅で腕立て伏せや腹筋など、地味な運動ですが、続けると適度な筋肉がついて見た目も大きく変わってきます。見え方が変わるとなれば取り入れて細マッチョを目指してみたいと思いませんか。

触れたくなるような筋肉を目指す

女性は筋肉が少ない分、男性に対して筋肉へのあこがれを抱いています。チェックする場所は、腕や肩幅、胸板の厚さや腰回りなどさまざま。男性は女性からいろいろなパーツを見られている意識を持つことが重要です。女性にはない筋肉は触れてみたいと思うもの。背中から感じる男らしさや、たくましい腕など、女性から「触ってみてもいいですか」と話題になることも少なくありません。

身だしなみやマナーなど努力しても報われないケースは多々ある男性の皆さんにとって、女性から声をかけてもらえ、スキンシップを取れる絶好のチャンスです。適度な筋肉をつけることを目標に、毎日の生活に少しずつ筋トレの要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

腕や足のムダ毛の処理も忘れずに

筋肉がついてくると、女性の見方も変わってくるものです。でも、少しでも手入れをしていないムダ毛があると、一気に女性は惹いてしまいチャンスを逃してしまうことにもつながります。筋肉をつけるのと同時に、見える部分はムダ毛の処理をして清潔感を持ってもらうように心が得ることが重要です。ムダ毛の処理は脱毛だけとは限りません。脱毛を嫌う女性もいるので、女性に不快感を与えない状態であればOK。少しずつ女性の反応を見ながら、脱毛がいいのか、それとも少し手入れをする程度でいいのかを見極める必要があります。腕や足はもちろん、首周りや肩なども産毛が生えている場合もあるので、気を抜かずにチェックしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか。男性には筋肉という大きな武器があります。それを生かすも殺すもあなた次第。女性は、男性の筋肉に弱いという性質があるので、それを利用して、アピールポイントとして体を整えてみてはいかがでしょうか。ハリのある腕や肩を見て、話してみたいと思う女性が現れるかも知れません。早速今日からチャレンジしてみましょう。

やってはいけない3つのNG話題を回避せよ

友達や仕事などの自慢

あなたは女性に仕事の話をしていませんか。仕事が成功した時は特に話したいものですが、細かな内容まで話し、実は女性を飽きさせてしまっているのです。自分の仕事を理解してもらうということに時間を割くより、お互いのことを知るための話をしたほうがお信頼関係につながるのです。

そこで、まず始めに注意して欲しいのが、何かの自慢を話すということです。それは友達と遊びに言ったことや、友達と飲みに行ったという身近なことでも女性にとってはあまり興味が沸かず、自慢していると取られてしまうことも。それは十分な信頼関係が築けていないからなのです。仕事の話も同じです。自分のことを理解してもらおうと思うよりは、まずは女性のことを知りたいという気持ちを伝え、少しずつ相手を知っていくことに焦点をあてることをおすすめします。

マザコンを連想させる母親の話題

婚活をする人たちは、結婚という共通の目標がありますが、合う回数が少ない段階では結婚をイメージさせる話題は逆効果になってしまいます。特に両親にまつわる話や、お母さんとのエピソードは、まだあなたのことを十分知らない女性は知りたくない情報の一つ。

母親と食事に行ったことや、電話がかかってきてうるさかった。というちょっとしたことでさえ、そんなに連絡を取り合っているだとマイナスに受け取ってしまう女性も多いものです。せっかくのチャンスが何気ない会話でも一線を置かれてしまうことも。出会って間もない頃や、お互いの気持ちが確認できるまでは家族の話は控えた方が懸命です。

リアル過ぎる結婚観

結婚という共通のキーワードに少しずつ近づいてきたら、少しずつどんな家庭を築いていきたいかという会話も増えてきます。お互いに理想の家庭像を話し、心がウキウキするかもしれません。

しかし、その内容が細かければ細かいほど現実的過ぎて女性は惹いてしまうのです。「仕事は辞めて家庭に入ってもらいたい」という相手の価値観を無視した理想や、「子どもは男の子と女の子が二人欲しい」など、女性の出産率が低下していることを無視した希望などは、「この人何も考えていない!」と思わせるきっかけにもなってしまいます。理想はあって当然ですが、相手の反応を見ながら少しずつ話しあったり、相手の希望にも耳を傾けるのがポイントです。時には理想と現実が大きく違う場面にも遭遇するかもしれませんが、妥協できる点も考えておくことも重要なポイントです。

まとめ

いかがでしたか。男性の中でやってしまいがちな話題をご紹介しました。心当たりがある人は、これから改善すれば可能性も広がるので、話したいことを変換して伝える工夫もしてみてくださいね。

次につながるデート術

女性との出会いを求めて出会い系サイトを利用し、知り合った女性とのデートにこぎつけたとします。せっかくのチャンスですから、次につながるきっかけが作れるように、相手の女性に好感を持ってもらえるようなデートを演出してみませんか?

好印象は見た目だけではないので要注意!

デートは会う前から始まっています。待ち合わせ場所を決めたり、当日のデートプランを考えたり……もちろん、服装だって好印象を持ってもらえるようなものを選ぶようにしなければなりません。

ここで重要なのは、待ち合わせ場所のチョイスです。デートの待ち合わせをする際には、相手の女性が“危険”だと感じないような場所を選ばなくてはなりません。ここでポイントになるのが、『女性が負担にならないような場所を選ぶ』という事と、『女性が分かりやすいような場所を選ぶ』という事です。

初対面の場合はお互いに不安もあるでしょうから、移動距離に負担がかからず、周りに人がいるような、女性が安心感を持てるような場所を選ぶようにしましょう。そうすることによって、デートの前段階から、気遣いのできる男性を演出する事ができますし、相手の女性の不安も和らげることで好印象を与えることができます。

デート本番では最大限のおもてなしを

出会い系サイトで知り合った女性とのデート本番。待ち合わせ場所には、15分前には着くようにしましょう。待ち合わせというのは、デートの一番はじめに好印象を与えることのできるチャンスで、ここで待ち合わせに遅れたりするようだと信頼を失ってしまい、次につながるような事はなくなってしまいます。ですから、最初が肝心ですので、早めに待ち合わせ場所に着き、相手を見つけた時は笑顔で対応すると好印象を与える事ができます。

お相手の女性と合流したらいよいよデート本番です。当然の事ながら、ノープランのデートはおススメできません。女性の多くは、男性にリードしてもらいたいと思っているものです。ある程度の流れを決めておかないと、不測の事態が起きた時に、臨機応変に対応することができなくなってしまうため、食事をするお店や、映画に行くような場合には、あらかじめ予約をしておくようにするといいでしょう。また、普段よりもちょっと特別感が感じられ、相手が喜んでくれそうな場所に連れて行ってあげるといいかもしれませんね。

デートの最中は、相手に対しての気遣いは忘れないようにしなければいけません。自分本位な会話や行動は、相手の女性を幻滅させてしまいます。会話についても、自慢話や、無理に面白い話をしようとするのではなく、相手の話を聞きつつ、適度に受け答えをするだけで悪い印象を与える事はありません。他にも、並んで歩く時は女性に合わせて歩くことや、食事の際も女性のペースに合わせてあげることで、さりげない気遣いをしてくれているなと好印象をもってもらえるでしょう。

デートの後も気を抜かない!

デートの別れ際にはきちんとお礼の言葉をいう事を忘れないようにしましょう。また、帰宅してからもデートのお礼のメールをすることで、相手の女性は自分の事を気にかけてくれているんだと安心するでしょうし、嬉しく思うものです。

婚活オジサンの婚活ブログとは?

man_49はじめまして。婚活オジサンの森タカシです。

世の中の婚活アドバイザーの男性って、みんな小奇麗でかっこよくて、いかにもモテそうな人が多いと思いませんか?

そりゃ、おまえらだったらうまくいくだろうよ!」と声を大にして言いたい。

わたしははっきりいって、低年収・低身長・低学歴の、まったくイケてない汚いオジサンです。しかし、いろいろな改善をくりかえすことにより、素敵な女性と結婚することができました。

わたしのような、なんの取り柄もないオジサンだからこそ、伝えられることがある! と思ってこのブログを立ち上げた次第であります。

ぜひ、みなさまも、当ブログのテクニックを活用して、出会いに望んでみてください。

デートで彼女と「波長を合わせる」

楽しみにしていた彼女との初めてのデートは何としても成功させたいですよね!

どんな服装をしたら良いのか、どこに行ったら良いか、何を話したら良いか、とか悩む事は多いでしょう。ここで大事なのは、「彼女に波長を合わせる事」です。

デートの服装

まず服装ですが、まず第一条件として清潔感がある事が必須になります。

しわくしゃやシミがついたスーツ、サイズが合わないズボン、のびっぱなしの髭やボサボサの髪は厳禁です。女性は男性より、かなり細かいところまで見ますから清潔感については特に注意が必要です。更に清潔感があれば、普通のルックスの人もカッコよく仕事も出来るように見えるものです。

次に大事なのは、「彼女に合わせる」事です。例えば、いつも女らしいワンピースを着ている女性とのデートに、ジャージやトレーナーを着ていったら、まず二人で歩いて違和感がありますし女性も幻滅する可能性あります。逆にいつもジーパンやTシャツを着ている女性とのデートで、アルマーニのスーツでビシッと決めても、違和感を持たれるでしょう。

初めてのデートで大切なのは「波長を合わせる」事です。会話の波長を合わせるのは、ある程度のテクニックが必要ですが、まずは見た目から波長を合わせる事は誰でもちょっと気を付ければ出来る事でしょう。

デートの場所

デートに行く場所にしても、彼女の趣味を普段から聞いて提案するか、分からない場合は彼女に聞いた方が良いでしょう。「デートは男性が全てプランし男性がリードすべきでは?」という考え方の男性がいますが、例えば、後からベジタリアンだと知った女性を焼き肉屋に連れて行っても困らせてしまうだけですし、庶民趣向の女性を高級フランス料理店に連れて行っても緊張してリラックス出来ないでしょう。また、彼女に聞いた方が紳士的だと思われますし、大事にされている、と思われますよ。

デートの会話

会話も、まずは「女性の話を聞いてあげる」事が何より重要です。あいずちをうち、自分が話す際は話すスピードを女性になるべく合わせる、時々同じしぐさをする、という事で波長があってきます。同じ仕草をする事をミラーリングと言いますが、例えば彼女が肘をついたら、さりげなく肘をつくなどします。毎回やるとわざとらしくなりますので、時々さりげなくやる事がポイントです。

そして、波長があうと、「この人といると何となく落ち着く、居心地が良い」、更に「また会いたい」と思われるようになるのです。

初めてのデートでも失敗しない!第一印象をアップさせる食事のマナー

初めて異性とのデートで食事に行くというのは想定の範囲内です。食事のマナーは大丈夫でしょうか? 食事の仕方によっては相手からの印象が大幅にダウン。もう会ってくれなくなってしまうことも。今後のお付き合いを左右する食事のマナーについてもう一度見直してみませんか?

食べる音に気をつける

食欲が減退する、一緒にいて恥ずかしい、会話に集中できないなど非難轟々浴びせられるのが食事中の食べる音です。食事中に「くちゃくちゃ」と音を立ててしまうのは大きなマイナスポイント。口の中に食べ物が入っているときはしゃべらずに、きちんと飲み込んでから話し始めましょう。口の中に入っている状態で話をすると、口の中のものが飛び出すというリスクもあります。

お箸の持ち方・使い方

食事中に気になる相手の仕草としてお箸の使い方が挙げられます。どんなにいい話をしていても、箸の持ち方が独創的だった場合、それだけで雰囲気は台無しです。デート相手はあなたに対して「子どもっぽい」「かっこ悪い」「だらしなそう」という印象を抱いてしまうことでしょう。お箸の持ち方は要チェックです。

また、お箸の使い方も重要です。お箸を人に向けて指す「指し箸」や食べ物に箸で触るものの結局は取らない「迷い箸」はマナー違反です。箸から箸へと受け渡しを行うのもNG。これらを行えば一気にドン引きされててしまることでしょう。

洋食のフォークの使い方

ちょっと良い洋食のレストランに入ると困るのは席にフォークやナイフ、スプーンが並んでいることではないでしょうか。どれを使ったら良いかわからないけれども、恥ずかしくて聞けないという事態に陥りがちです。フォークやナイフはコース料理などで前菜から順番に外側にあるものから使っていきます。食事中で、まだ使っているときはハの字にナイフとフォークを置き、食べ終わったら揃えて置いておきます。

よく間違えがちなのが、切った肉や野菜などをフォークの背に乗せて口に運ぶことです。実はこれはマナー違反なので、フォークを使う際には刺したり、フォークの腹に置いて口に運ぶようにしましょう。

店員を呼ぶ際は静かに

注文の際にはよく「すみませーん!」と声を出してしまいがちです。騒がしい居酒屋や大衆食堂などではそれも良いでしょう。しかし、デートで訪れるような雰囲気の良いお店で食事をしているときは、大きな声は無粋以外のなにものでもありません。他のお客さんにも迷惑になる上、デート相手にも恥ずかしい思いをさせてしまうことにもなります。

呼び出しボタンがあるときはボタンを、ない場合には店員さんがこちらを向いたときにさっと手を上げて呼ぶのがスマートです。指を鳴らすまではする必要はありません。手を挙げるのは男性が行うのが良いでしょう。

初めてのデートを成功させる大切な3つのポイント

初めてのデートで多い失敗

婚活で多くの男性が悩んでいるのは「初めて会う女性とのデートでどんな態度をとればいいのか」というものです。

初めて会う女性とのデートで多くの男性は自分を大きく見せたがります。そして、女性経験に乏しい男性ほど初めてのデートで緊張して、つい何かの話題を探そうとマシンガントークになりがちです。こういった男性に多い失敗は、「自分の武勇伝を語る」「自慢話や、寒いジョークを話す」「マシンガントークで自分の話をする」など。

こういう行為は間違いなくデートを失敗させます。ほとんどの女性は男性の自慢話を聞いていても楽しくありません。何より初めて会う男性のマシンガントークを聞くのは非常に疲れてしまいます。

それだけでなく、「この人は自分に自信がないから大きく見せようと虚勢をはっている」と考えてしまうのです。

デートを成功させるには「聞き上手になること」!

初めてのデートで女性の心を射止めるには、ポイントは3つです。

  1. 「自分からは自分の話をしない」
  2. 「女性の話をよく聞く」
  3. 「女性を誉める」

人は誰しも、人の話を聞くより、相手が一生懸命に自分の話を聞いてくれている方が楽しく安心感があるのです。

特に女性は相手に共感を求めるので、一生懸命自分の話を聞いて共感してあげると喜びますし、相手に信頼感をだきます。ここで、寡黙な男性は「なんだ~、黙って聞いていれば良いのか」と思うかもしれませんが、黙って聞いているだけだと、「本当に私の話聞いているの?」と疑われます。黙って聞いているのではなく、ときどき相づちをうったり、「それで、それはその後どうなったの?」と興味を持つそぶりを見せて、相手の話を膨ませてあげてください。

また、聞いている最中に女性からアドバイスを求められない限り「これはこうした方が良いよ」といったアドバイスはしないようにしてください。

男性はものごとを論理で考える傾向があるので、あらゆる物事にすぐ結論を求めます。いっぽう女性は、女性はただ話を聞いて欲しい、共感して欲しいと考えるのです。彼女たちは論理ではなく感情で動いているのです。

お姫様みたいに持ち上げると喜ぶ

そして、最後に大切なのは「女性を誉める」事です。男女共に人間は誉められたら嬉しいものですが、女性は特に何歳になっても「お姫様願望」があります。それは、かわいくほんわかした感じの女性も、仕事バリバリのクールなキャリアウーマンもそうです。むしろ、一見して男性並みに仕事を頑張っているキャリアウーマンこそ、普段頑張り過ぎて職場では弱み見せないからこそデートの時は誉められてお姫様扱いされたいのです。